熱い8月がやってきます。今年も・・・

2017年07月27日

今日は仕事が早く終わったので地元のバーへ。
日にち限定でなんと国産うなぎが2千円!
1枚目はうな丼で。2枚目はうな茶で頂きました。
うな丼はもちろん、うな茶で頂く鰻はだし汁に鰻の旨味が加わり
さらっと食べられ絶品の美味しさです。
30年ぶりの国産ものは格別の味でした。

たまたま隣に居合わせた小学校の先生とお話をする事ができてレンタサイクル屋さんになった経緯を話させて頂きました。夢を叶えるという意味ですごく興味深くお話を聞いてくれて嬉しかったのですが、今の子はユーチューバーになるのが夢の子が結構いると話してくれました。僕達の子供の頃はテレビをつければ野球中継をやっていたので男の子の将来の夢がプロ野球選手が一番人気だったと思います。それがサッカーになり、影響力のあるメディアがテレビからインターネットに移ったことによりなんとユーチューバーになる事が将来の夢となっているようです。
その話を聴いてメディアの影響力の大きさとメディアを牛耳っている側の思惑一つで人間の思考を操作できる恐ろしさに気付かされました。
また、生徒の親御さんのクレームが多くそちらでも大変だとの事。夏休みに先生が子供たちを連れて出掛けるものなら親御さん達の『事故が起きたらどうするのだ』と言うような反発でとても実現できないそうです。
幸いウチで自転車をレンタルしてロングライドをくれる子供達(高校生)の親御さんは手放しではないとは思いますが子供達の自主性に任せて見守ってくれています。高校生らしく少々無謀な計画で失敗する事が多いですけど(笑)
今までも熱中症や自転車の故障、予定より大幅に遅れたなど色々ありましたが仲間を見捨てて先に行ってまったなどと言う事は聞いた事がありません。
失敗の中で最悪の結果にならないように相談し合って計画を変更したり断念したりしています。
成功という結果よりもそういった過程が大事なんだと改めて思うのと同時に子供達は成長の過程で必然的にそういったチャレンジをしたいという事が本能に刻み込まれてるのかなと思います。人間と言えどもチャレンジして成長しない事には生き残れなかった時代からのDNAなのだと思います。
親御さんもチャレンジをさせてあげたいと思うのと危険な目に遭わせたくないという綱引きなのでしょうね。それがどっちが強いかだけの話なんだと思います。
その先生も学生時代に仲間と江ノ島(だったかな)にママチャリで行こうとして横浜でお巡りさんに止められ無謀だと怒られ予定を変更した思い出を語ってくれました。
後々笑って失敗談を語れるっていいなと思って聴いてました。
10年後、20年後、先生と同じように『東京サイクリングツアー&レンタサイクル』でレンタサイクルをしてくれた子供達がサイクリングに失敗した話を酔っ払って楽しそうに友人や会社の同僚に話してくれていたら嬉しいですね。

今年も子供達と『東京サイクリングツアー&レンタサイクル』にとって熱い8月がやってきます。既に数日間クロスバイクやロードバイクを予約してくれている方達が沢山います。
また新しいドラマが生まれるのかー。
リタイアをピックアップするのは大変ですが楽しみです。

今日は少し酔っ払っての投稿でした。乱文をお許しください。


電話をかける