レンタサイクル延長代金を支払いに往復60キロの道のりをレンタサイクルでおいでくださりました

2018年07月10日

ラオスの空港建設に従事されているHさんが1週間の帰国中にサイクリングをしたいとの事で弊社のロードバイクのレンタルサービスを使って頂いております。
当初しまなみ海道を走りたいと計画を立て、現地の宿の方とやり取りをしていたのですが今回の大雨の影響であちこち通行止めでとても走れる状態ではないとの事で急遽キャンセルをして東京でサイクリングを楽しもうと弊社でロードバイクをレンタルしてくれたのです。

目黒区にお住いのHさん、木曜日まで延長をしたいとの事で延長代金を支払にレンタルしたロードバイクで弊社までおいで下さいました。ガレージでメンテナンス中の私の所に到着する頃には30℃を軽く越える中、寄り道をしながら30キロを走って来てくれました。
銀行振込をお勧めしたのですが目標を決めてサイクリングを楽しみたいとの事で「行きます!」と言ってくださりました。
暑くてかなりばててるかと心配したのですが、なるほど相手は常夏のラオスでバリバリお仕事をしているだけあってまだまだお元気でした。
Hさん、ラオスでもスポーツバイクを乗っていて、海の無いラオスと言うことでヒルクライム中心に楽しんでいるそうです。
年中暑いイメージのラオスですが、乾季の12月~2月ごろは最高気温も26℃程度で、サイクリングもとても気持ちいいそうです。
最近ラオスもスポーツバイクブームで街中で沢山のスポーツバイクが走っているそうです。
30分ほどの滞在中、色々楽しいお話をさせて頂き、颯爽と帰って行かれました。
日本経済、アジアの発展の為に日夜頑張っているHさん、走り去る姿がカッコよかったです。
日本経済どころか何の発展にも役立っていない「東京サイクリングツアー&レンタサイクル」ですが、縁の下の力持ちとして頑張っていきたいと思います。

被災地の方々に謹んでお見舞いを申し上げます。
大雨がきっかけで「東京サイクリングツアー&レンタサイクル」を使って頂いたご縁を通じ、微力ながら売り上げの一部から寄付をさせて頂きます。


電話をかける